トイレ


毎日何度も利用するトイレは、リフォームすることで日常生活が快適になる事を大きく実感できます





さくら工房のトイレリフォーム
¥60,000~


トイレのリフォームを検討する時期は大体10年~15年程度です。最近のトイレは節水機能が向上しており、ランニングコストを抑えることができるので、リフォーム費用を加味しても費用対効果が良いです。また先進のトイレは、汚れた時の清掃性はもちろん、汚れない工夫が満載。お掃除の負担が大幅に軽減できます。トイレリフォームは主婦にうれしいメリットもりだくさんです。

トイレを選ぶ前に


トイレの種類や機能を選んでいく前に、まずは現状のトイレの排水方式を確認しましょう。トイレの排水には大きく分けて「床排水方式」と「壁排水方式」の2種類があります。排水方式によって選べるトイレの種類が異なるので注意しましょう。

床排水方式
壁に接続されておらず排水管が見えない排水方式。一般的に戸建て住宅に多いです。

壁排水方式
壁から排水管がつながれており、排水管が見える排水方式です。一般的にマンションに多いです。 また、各メーカーにより、排水芯の位置が異なるので、合わせて確認しましょう。


トイレの種類


洋式トイレはタンクと便器、便座で主に構成されています。従来のタンクがついたタンク式のトイレやタンクを外したタンクレストイレなど種類があるので、それぞれメリットとデメリットを確認し希望にあったものを選びましょう。

タンク組み合わせ型のトイレ
タンク、便器、便座が分かれているトイレです。 それぞれパーツが別々になっているので、例えば一部壊れた場合、その部分のみの交換が可能です。好みや予算にあわせて、タンク、便座、便器を自由に組み合わせることができます。デメリットは、形状的に埃や汚れがたまりやすく掃除がしにくい場合があることです。

タンク一体型のトイレ
タンク・便器・便座が一体型になっているトイレです。見た目がすっきりしており、継ぎ目が少ない分掃除が楽です。便器と便座が一体になっているので、例えば便座のみ壊れた場合、修理は出来ても交換はできないタイプのものがほとんどです。

タンクレストイレ
タンクがないトイレです。タンクが有るタイプに比べ奥行きが小さいので、省スペースで設置することができます。そのためトイレを広く使うことができデザイン性も高いです。また、タンクがなく凸凹のない形状になっているので掃除もしやすいです。タンクがあるものと違い、連続で水が流せることも特徴です。 手洗い器がないため別途必要になります。もしトイレ内に手洗い器を設置する場合、水が跳ねて床や便座が汚れることもあるのでそのあたりも考慮しましょう。また、タンクレストイレは水を流すのにも電気を使うので、停電時などは別途水をバケツなどで用意して流す必要があります。 マンションの場合は配管作業ができない場合や、水圧が低いと使えない場合もあるので、事前に設定できるか確認しましょう。