バスルーム


お風呂・浴室は一日の疲れを癒したり、リラックス、リフレッシュするための大切な空間です。リフォームの流れや種類を確認し、満足のできる空間をつくりましょう。



さくら工房のバスルームリフォーム
¥380,000~


築15年を超える頃になると、浴室内部にカビや汚れが目立ちだし、そろそろ新しいお風呂にしたいと考え始めるようになります。お風呂のリフォーム時期は、約20年が目安です。このタイミングを逃すと、劣化が加速したり、維持費がかさんだりする場合があります。 お風呂は常時、湯水が掛かる場所です。内部に水が浸入して土台が腐食していたり、シロアリの被害にあっていたりすると、余分な工事費用が掛かります。また古い設備を使い続けることで光熱費がかさむだけでなく、場合によっては健康に影響が及ぶことも考えられます。


バスルームのリフォームの時期を知らせるサイン


〇築20年を過ぎて、お風呂のメンテナンスを一度もしていない

〇隣りにある洗面脱衣室の床がぶよぶよしている

〇お風呂の壁や床、浴槽にヒビワレ、サビが出ている

〇カビがひどくなってきた

〇排水口の掃除をしても排水が流れにくい、どことなく臭う

〇水栓金具の温度調節がききにくくなってきた

〇お風呂の外の壁に水が染み出た跡がある



バスルームのリフォームの施工方法


バスルームのリフォームは在来工法とシステムバス/ユニットバスの二種類あります。それぞれメリットデメリットがありますので、どちらが自分の希望に合うのか考えましょう。

在来工法
在来工法とは防水加工の下地工事をした上に、浴室を配置するというこれまで広く普及していた工法です。完全なオーダーメイドで造るので自由にスペースに合わせて作ることができます。例えば、壁の素材をタイルやひのきなど細かく選べたり、浴槽についても据え置き型から置き型まで自在に選ぶことも可能です。 時間をかけて自分好みの浴室、お風呂を作りたい人に合っている工法ですが、年月とともに防水機能が衰えて水漏れを起こすことが多かったり、システムバス、ユニットバスに比べると費用が多くかかりますし、工期も通常3週間程度と長くなってしまいます。

システムバス/ユニットバス
ユニットバスとはあらかじめ工場で各パーツ(浴槽、壁、床など)を造り、現場で組み立てて設置するバスルームのことです。浴槽、床、天井のつなぎ目部分が一体化されていることが特徴です。 パーツが工場製造のため品質に差が出にくいですし、床が水槽のようにつなぎ目のない形になっているので渋滞工法に比べ経年劣化等による漏水のリスクが少なく、家の骨組みと別構造になっているので、冬でも外壁や床などから冷気が伝わりにくく温かいというメリットがあります。また、浴室内全体が独立しほぼ一体化されているので掃除も比較的楽になります。 在来工法に比べて費用を抑えることが出来、工期が通常3~5日と短くなりますが、サイズに関してメーカーで用意してあるものの中で選ぶことになるので設置スペースにあわせた変形などが基本的にできませんし、特殊な形だと別途大がかりな工事が必要になる場合があるので事前によく確認が必要になります。



浴槽の種類


浴槽には大きさや、またぎ込みの高さ、形態、素材などが違うさまざまなタイプがあり、それらによって出入りのしやすさなどが決まってきます。よく検討し自分にあったものを選びましょう。

和式
深さがあり膝を曲げて入るタイプで肩までしっかりつかりたい人向けの浴槽です。水圧の影響を多く受けるため、心臓に持病がある人や高齢の方には注意が必要です。

洋式
浅く長い浴槽で、寝た姿勢で入浴することができます。体に無理な圧迫がかからないですし、縁の高さが低いので出入りがしやすい特徴があります。しかし、肩までしっかりとお湯につかりたい人には物足りないかもしれません。

和洋折衷式
最近多く使われている和式と洋式の両方の長所を合わせたタイプの浴槽です。肩までお湯につかることができ、適度に身体を伸ばすことも可能になっています。



浴槽の素材


ガラス繊維で強化したポリエステル樹脂を使用したFRP、丈夫で錆や腐食に強いホーロー、傷や錆に強く清潔な状態を維持しやすいステンレス、FRP系の高級仕様である人工大理石などがあります。
予算と機能面、肌触り等好みのものを選びましょう。
また、浴槽の壁や床の素材にも、壁樹脂系、タイル、ステンレス、木製とさまざまな素材があります。
素材によってカラーバリエーションが豊富だったり、速乾性や質感も変わってくるのでこちらもよく検討し好みのものを選びましょう。