外壁塗装


紫外線や雨風にさらされている外壁の塗装タイミングは外壁がサインを出してくれています。下記の項目に一つでも当てはまっているのであれば外壁補修を考える必要があるかもしれません。



さくら工房の外壁塗装
¥1200/㎡~


外壁塗装は、住まいの「美観」のためだけではなく、建物を「保護」する役割があります。太陽からの紫外線、雨水、風、湿気など、常に厳しい自然環境から外壁や屋根の下地材を守り、住まいを長持ちさせる上で大変重要です。

外壁塗装をしたほうが良いサイン


チョーキング現象
触ったときに手に白い粉がつくと、塗膜が薄くなっているサインです。放置しておくと、雨水が侵入し各部材を傷めます。

モルタルのひび割れ
ひび割れは雨水が侵入する原因です。このまま放置しておくと雨漏りを引き起こすこともあります。

目地のひび割れ
シーリング材のひび割れは雨漏りの原因です。放置しておくと、断熱材にカビが発生する可能性もあります。

基礎部のひび割れ
基礎部のひび割れがあると中性化し、最悪の場合、中の鉄筋が出てくることも。

カビ・藻の発生
カビが発生したまま放置すると、カビは増殖し続けるので、早めの対応をお勧めします。


塗料の種類


アクリル系塗料
比較的安価で、よく使用されますが、耐久性は低く耐久年数は5年から8年程度です。こまめなメンテナンスが必要で、モルタル壁や、不燃材を用いたサディング壁などに適しています。

ウレタン系塗料
仕上がりに艶があり、紫外線に強く防水性も優れています。ただ汚れがつきやすく、耐久年数は6年から10年程度です。モルタル壁、金属製のサディング壁に適しています。

シリコン系塗料
アクリルやウレタン系に比べると高価ですが、紫外線に強く汚れがつきにくいです。現在最も主流になっている塗料で、耐久年数は8年から15年程度です。塗料のカラーバリエーションが豊富で、モルタル壁、不燃材を用いたサディング壁に適しています。

フッ素系塗料
塗料の中では高価ですが、耐久年数が12年から20年程度と最も耐久性が長いです。親水性があるので、外壁についた汚れも雨で落ちるという特徴があります。モルタル壁、不燃材を用いたサディング壁に適しています。