屋根塗装


屋根は雨、紫外線、風、温度差などの過酷な環境にあるため、特に劣化に気をつけなければいけません。しかし、屋根は目線より上にあるため劣化の進行になかなか気づけないものです。





さくら工房の屋根塗装
¥980/㎡~


屋根が老朽化すると水が入ってしまい、壁の木材など家の基礎部分にも影響を及ぼします。基礎部分まで腐食が進んでしまうと大きなリフォーム、建て直しなど大きな出費が必要になります。 家を長持ちさせるためにも屋根の種類や適切なリフォームのタイミンングを確認しましょう。 一般的には約10~15年リフォームの目安といわれていますが、耐久性は屋根の種類によって異なります。部屋への被害が及ばないために定期的に屋根の状態をチェックしましょう。

屋根塗装をしたほうが良いサイン


塗料の色あせ
屋根の塗装劣化の最初のサインです。まだ、すぐに塗り替えが必要というわけではありませんが、放置しておくとどんどん劣化していきますので、早めに塗装の状態をチェックしておくことをおすすめします。

苔や藻・カビの発生
屋根材の塗膜が劣化し防水性が低下すると、雨水や湿気により苔が発生します。 早急に屋根塗装をする必要はありませんが、そのまま放置してしまいますと、屋根そのものの耐久性も悪化させてしまい、結果として雨漏りの原因となりますので、メンテナンスが必要です。

瓦の反り・ひび割れ
スレート瓦の防水性が劣化し始めると、苔の発生では収まらず「反り」や「割れ」が発生します。例えば、瓦が水を含んだまま凍ったり、夕立後の晴れ間に強い日差しで急激に乾燥したり、など防水性が切れたことにより湿気と乾燥を繰り返し、瓦の反りにつながります。 そのまま放置をしてしまうと瓦が反り上がり、台風などの横殴りの雨が降った際に、反り上がった小口から内部に雨水が浸入し雨漏りの原因となりますので、早期にメンテナンスをおこなうことをオススメします。

瓦の滑落・欠損
屋根の一部が完全に欠落してしまって、なくなってしまった状態です。もちろん雨漏りしますし、瓦のひび割れを放置しておきますと、最終的に瓦は滑落してしまいます。また、台風などの暴風雨でも瓦がズレたり、飛んで落ちてしまうということがあります。 瓦が滑落すると、滑落した瓦の大きさによって瓦の下の防水材、防水材を止めている釘が丸見えになってしまいます。この状態で放置をすると、雨が降った際に雨水が釘穴をつたい、野地板に雨水が浸入し最終的に雨漏りの原因となります。野地板が腐ってしまいますと、屋根の葺き替えとなってしまうため、早急な対処が必要となります。

棟板金の浮き、釘抜け
スレート屋根や金属屋根の場合、屋根のてっぺんに棟板金というものがあります。釘抜けとは、棟板金が気温の影響により膨張・収縮を繰り返すことで棟板金を止めている釘を一緒に押し出し、最終的に抜けてしまうことを言います。これを放置しておくと、棟押さえのはずれや錆びの原因になり、さらにはいつの間にか下地材がむき出しになっていたというケースもありますので、こちらも早急にメンテナンスをおこなうことが好ましいです。

漆喰の劣化・剥がれ
日本瓦やセメント瓦では、瓦の固定・接着に漆喰を用います。この漆喰も風雨や紫外線に晒され続けているため、他の屋根材と同じように経年劣化が生じます。地上から目視した際に、ひびや剥がれを見つけた場合は危険です。瓦を固定している力が弱まっているため、ちょっとした風や地震で瓦がズレたり、最悪の場合は落下してしまう可能性もあります。また衝撃によって欠け・割れが生じ、そこから雨水が浸入して雨漏りに繋がることもありますので、漆喰の劣化を発見した際も早急なメンテナンスが必要と言えます。

屋根のうねり
欠損がさらにひどくなっている状態で、本来の屋根としての機能を果たすことが出来ません。大至急、メンテナンスを行うようにしてください。


     

工法の種類

 
瓦や下地の状態により、塗装、補修、葺き替えなどを行います。通常10年前後で塗り替えをし、塗り替えを2、3回繰り返したら葺き替えをします。現在の状態をしっかりと確認してから適した工法を決めましょう。

塗り替え
既存の屋根のまま塗装をします。下地の劣化が少ない場合に可能で、塗装の種類で耐久性も異なります。

カバー工法
既存の屋根に重ねて新しい屋根材をかぶせる工法です。屋根材は傷んでいるが、下地の劣化が少ない場合に適した工法です。廃材が少なく済むことが特徴で、既存の屋根と二重になることで遮音性も上がります。また見た目も大きく変えることが可能です。

ふき替え
既存の屋根を撤去し下地から新しい屋根材を施工する工法です。例えば窓をつけるなど自由度が高いことが特徴で、見た目も大きく変えることが可能です。